1. TOP
  2. 炭水化物抜きダイエットにひそむ危険。今から見直すべき3項目

炭水化物抜きダイエットにひそむ危険。今から見直すべき3項目

2015/09/28 ダイエット
この記事は約 8 分で読めます。
炭水化物抜きダイエットの危険性
Pocket

シンプルで即効性のある炭水化物抜きダイエット。そこには大きな危険がひそんでいることを知っていますか。

白米やパスタは食べなくても何とかなる。炭水化物を抜くだけの「炭水化物抜きダイエット」は、今すぐ始められる手軽さから「ダイエットに挑戦した」もしくは「今まさに進行形」の人も多いと思います。

今回は炭水化物ダイエットが無意味な理由、危険を回避するポイント、体からのSOSサインを知る方法の3項目をチェックしていきましょう。

炭水化物のメリットと間違った知識の危険性をしっかり確認して、正しく進めればツラい食事制限をしなくても体の中から美しいボディを手に入れることができます。

炭水化物は美容と仲良しだったという衝撃の事実も、ぜひ参考にしてくださいね。

本当は危険だった!炭水化物抜きダイエットが無意味な2つの理由

炭水化物抜きダイエットが危険な理由

とにかく「炭水化物(ご飯・パン・パスタ等)さえ摂らなければいい」。そんな手軽さから始められる炭水化物抜きダイエットですが、手軽さゆえの危険もあります。

特に辛い運動もなく、甘いものを多少食べてもOK、ダイエット中の人には夢のような方法ですね。

しかし間違った知識で炭水化物を摂取しないダイエットを続けていても、実は無意味なことを知っていますか。

炭水化物を摂ると体の中ではこんなことが?

炭水化物には「糖質」が含まれています。食べることで体がその糖質を吸収して、体内の糖が増え血糖値が上昇します。上がり過ぎを抑えるために体内ではインスリンという物質が分泌され血糖値を下げる仕組みになっています。

そして糖を必要としている場所へ送り届けます。すべての糖を使い切ることができなかった場合、残った糖を脂肪として体に溜めようとするのです。

余った糖が脂肪になるなんて…考えたくもないですね。それなら糖を減らせばいいのでは?という考えから「炭水化物抜きダイエット」が生まれたのです。でも糖が足りないとこんな危険があるのです。

ダイエットのつもりがリバウンドの原因を作っていた。

炭水化物抜きダイエットでリバウンドした女性

炭水化物抜きダイエットで体に入ってくる「糖」が少なくなると、どんな変化が起こるか想像したことはありますか?先ほど「残った糖は脂肪になる」と書きましたが、これは過剰に体に入り続けた場合です。

では体に入ってくる糖の量が少なくなった場合には何が起こるか。

体に入った糖は必要な場所へ送られ、それぞれの場所のエネルギーとして活躍します。しかし、必要な場所で糖不足になると、体は別手段を使い糖の代わりとなるエネルギー源を作り出します。それは筋肉!

ダイエットに重要な筋肉を分解してエネルギー源を作ります。つまり炭水化物抜きダイエットで糖を極端に減らすことで、筋肉をどんどん分解してエネルギーを得るようになります。

筋肉が痩せ細った結果、体重減や見た目が細く見えるようになります。しかし脂肪はそのまま、筋肉が少ない状態になると代謝が落ちるため、少しの油断で簡単にリバウンドしてしまう体になってしまいます。

炭水化物は脳の栄養源。うつ病の危険あり!

糖不足が原因でリバウンドしやすくなることを書きましたが、筋肉以外にも糖を必要としている場所はたくさんあります。実はその中でも「脳」が一番「糖」を必要としているのです。

脳にとって唯一の栄養、糖不足になると

・集中力が低下する。
・考えることができなくなる。
・無気力でボーっとする。
・常にイライラする。

このため行動力がなくなったり、仕事に集中できなかったりと日常生活に支障をきたしてきます。炭水化物抜きダイエットを続けると結果としてうつ病になる危険があります。

しかし炭水化物抜きダイエットが絶対危険というわけではありません。正しい知識と体からのSOSをキャッチできるようになれば、ダイエットに向いている部分もあるのです。

炭水化物抜きダイエットの危険を回避する2つのポイント!

炭水化物ダイエットの種類と必要量

ダメダメ続きの炭水化物抜きダイエットですが、危険を理解して賢く行えば思っている以上に成果が出るダイエットでもあります。そこで危険を回避するポイントをご紹介します。

1. 炭水化物を食べる量や種類を決めてから調理する。

炭水化物を13食から完全に抜いてしまうダイエットは、命の危険があるためにやはりおすすめすることができません。代わりに量や種類、代替食材で調整をしてみましょう。

そして糖と相性が良く、代謝を良くする食材(ビタミンB1B2)を多く含んだ食材と一緒に食べると、糖が体に残ってしまっても脂肪なりにくくなります。

豚ヒレ肉納豆、豆腐などが代表的な食材です。どれもダイエットの美容面で活躍してくれる食材ばかりですね。

ご飯も白米だけならお茶碗半分を適量に、ビタミンや食物繊維、ミネラルが豊富な麦を混ぜ、噛む回数を増やすことでよりダイエット効果を上げるだけでなく、透き通った肌を手に入れることができます。

糖質の多い主食グランプリTOP5

炭水化物にはパンやご飯、ラーメンといろいろな主食がありますが、糖が多い主食は一体どれなのか?ランキングをご紹介します。日常で何気なく食べているあれが圧倒的No.1です!

・糖質No.5 うどん 41.6g
・糖質No.4 白米飯1杯 44.2g
・糖質No.3 パスタ 53.8g
・糖質No.2 ラーメン(中華麺) 55.8g
・糖質No.1 6枚切食パン1枚 66.7g

意外にも日本人の主食でもある白米より、食パンが圧倒的第1位になりました。食パンは炭水化物No.1だけでなく腹持ちも悪く間食の原因にもなるため、ダイエットには不向きなのかもしれませんね。

2. 炭水化物は夜限定で抜いてみる。

炭水化物抜きダイエットは寄夜に行う

炭水化物抜きダイエットをしている時は、無意識に炭水化物を警戒するため炭水化物だけでなくそれに代わりそうな食事も避けるようになってしまいます。

それを3食行うと炭水化物を1日食べない深刻な事態に陥ってしまいます。それが一番危険です。そこで夜だけ炭水化物抜きをしましょう。

なぜ夜がなのか。朝と昼を食べた後は日常の活動が続き体を動かすため、食べたものは消費エネルギーとして使われます。その分の糖が体には必要になります。

逆に夕食後は活動量が少なくなりエネルギーとして使われることが少ないので、たくさんの糖を摂る必要がなくなります。

しかし、夜抜きで失敗する人の多くが「食事の誘いを断れなかったという理由ではないでしょうか。

人との付き合いでどうしても夜に炭水化物を摂らなければならない場合は、炭水化物の前にサラダスープを食べ、最後に炭水化物を食べるようにしましょう。これは食べる順番でダイエットする場合の基本です。

ただし!夜にウォーキングやジョギングなど運動をしている人は、必ず炭水化物を主食とした食事を摂りましょう。

炭水化物抜きダイエット中に2つのサインを感じたら危険

炭水化物抜きダイエットでお肌カサカサの女性

これまでに炭水化物抜きダイエットの危険性と回避方法を書いてきましたが、回避していてもその人の体調や生活リズムによっては体調不良を引き起こす危険があります。

体は不調になる前に必ずSOSサインを出してきますので、それを見逃さずに不調を感じたらすぐに中止しましょう。

1.お肌カサカサの危険サイン

炭水化物の糖が体のエネルギーとして必要、そして糖不足になると筋肉をエネルギー代わりにするということはすでに書いてきましたね。加えて筋肉がエネルギーに代わる時、溜め込んでいた「グリコーゲン」という物質を水と糖質に分解してしまうのです。

これによりお肌のみずみずしさを作っている水分も失われてしまうため、透明感のないカサカサ肌になってしまうのです。

2.隠れ肥満の像さん足首

筋肉や水分が減るため体重は確実に減ります。ですが体重計の数値だけを見て喜んでいる場合でもないですよ。減っているのは筋肉であり脂肪はそのまま残っています。

そのため炭水化物抜きダイエットの人は見た目はスリムに見えますが体内では筋肉が足りずに脂肪だらけの状態「隠れ肥満」になっている可能性があります。

人を支えているのは足です。筋肉がなくなると体重を支えようと足首が太くなってきます。これによりメリハリがないだらしない象さん足になってしまうのです。

そしてお尻も筋肉で支えているため、ドテっとした下がり尻になってしまいます。体重ばかりに気を取られて、スカートもパンツもカッコ可愛く履きこなせず、せっかくのダイエットが悲しい結果で終わってしまう可能性があります。

この記事を読んだ方は、以下の関連情報も読まれています。

▶関連情報:リンゴダイエットでマジに痩せた!その効果と失敗しない正しい方法

▶関連情報:【保存版】医師推奨!食事ダイエットを成功に導く5品目の食べる方法

まとめ

炭水化物抜きダイエットの危険性はいかがでしたか。

手軽に始められるダイエットですが、炭水化物を抜くことで体内の糖が減りエネルギー源がなくなってしまいます。それにより頭がボーっとして集中力がなくなり、日常生活に支障、うつ病に陥る危険があります。

体内では足らない糖を補充にするために、筋肉を分解してエネルギーにします。これにより筋力が低下してきます。そのため体重が減っても体に残るのは脂肪だけ、見た目はスリムなのに体の中は脂肪だらけの「隠れ肥満」になってしまいます。これではせっかくのダイエットをムダになってしまいますね。

炭水化物抜きダイエットを行う場合は、量を減らす、夜限定にしてみる、食べる順番を変えるなど、体内の糖が極端に減り過ぎないように。さらに余った糖が脂肪になりにくい食材を食べることを気にかけることが大切です。

最悪の場合には命の危険がある炭水化物抜きダイエットですが、賢い知識を身につけて正しく行うことにより、見た目だけでなく体の内側から美しくなれるダイエット法です。みなさんも無理せずに自分のペースで進めていきましょう。

▼FacebookやTwitterをフォローいただくと最新情報をお届けいたします。
↓ ↓ ↓

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

炭水化物抜きダイエットの危険性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Hotaru

Hotaru

この人が書いた記事

  • ディズニーでのクリスマス混雑回避方法

    ディズニークリスマスで混雑を避ける具体的攻略法5つとは?

  • ダイエット停滞期イライラする女性

    ダイエット停滞期のイライラからあなたを脱出させる5つの方法!

  • この季節のお弁当を食中毒の危険から守る7つの対処法

  • 【初めての海外旅行】空港国際線で戸惑わないための6つポイント

関連記事

  • 便秘を解消する方法に悩む女性

    お腹パンパン!便秘のなぜ?3つのハテナと解消方法考えよう

  • おしゃれなインテリア選びのコツ

    インテリア選びのコツ!おしゃれなお部屋に大変身させる5つ方法

  • いちご狩りを楽しむ子供

    千葉県いちご狩りおすすめスポット5選!いま外国人観光客に大ブーム

  • 通勤電車で自分磨きする女性

    女性3分必読!朝の電車通勤を有効利用して自分磨きをする25の方法

  • 『冬バテ?』バテるのは夏だけじゃない!原因と3つの対策

  • ディズニーでのクリスマス混雑回避方法

    ディズニークリスマスで混雑を避ける具体的攻略法5つとは?