1. TOP
  2. 【初めての海外旅行】旅先で危険な目に合わないための準備4つ

【初めての海外旅行】旅先で危険な目に合わないための準備4つ

2016/06/03 お出掛け ライフスタイル
この記事は約 9 分で読めます。
初めての海外旅行する女性
Pocket

SNSの便利さから海外の情報が手軽にチェックできるようになりましたね。世界中から発信される写真やお店の紹介を見ていると、実際に行ってみたくなりませんか。“初めての海外旅行”は、なんだか難しそうなイメージですが、今では国内旅行より近くて安い場所もたくさんあります。

今回は、初めてでも安心な海外旅行の準備ポイントをご紹介します。ぜひみなさんの旅の準備に役立ててくださいね。

Sponsored Links

初めてでも慌てない『海外旅行』出発までの流れ!

困った海外

初めての海外旅行。飛行機に乗ってめいっぱい遊ぶぞ!さっそく予定を立てて~♪
うん?!チケットって空港で買うの?ツアー会社に予約するの?飛行機ってどうやって乗るの?よく考えてみると意外と知らない海外旅行の手続きもたくさんあります。まず流れを以下の手順で確認してみましょう。

1.海外旅行で重要な旅先の下調べ!
2.自分で選ぶ3つの旅スタイル!
3.選べる3つの航空券入手方法!
4.パスポート取得方法とは!?

 

今回は、まず準備から空港までの流れを説明していきます。空港から現地到着までは【始めての海外旅行】空港国際線で戸惑わないための6つポイントをご覧ください。

海外旅行で重要となる旅先の『下調べ』!

初めての海外旅行の下調べ

行きたい旅行先が決まっても、テロや政治的衝突、感染病が発生している場所への旅行は人命に関わる危険度が非常に高いです。

不慣れな海外では、いざという時に迅速な行動ができないため、初めての海外旅行では外務省から「渡航中止勧告」と指定されている地域へは、延期をすることをおすすめします。

外務省 海外安全ホームページ

▶︎PC版:http://www.anzen.mofa.go.jp/

▶︎スマートフォン版:http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html

gaimusyou

行きたい地域を選択すると色別で危険度が分かるようになっています。

世界の危険なエリア

さらに、出国後の緊急事態に備え「たびレジ(外務省海外旅行登録)」に登録することも推奨されています。
たびレジ:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

「たびレジ」ではこんなことができます。

• 滞在国の日本大使館、領事館の連絡先を調べる
• 旅行先の渡航情報が閲覧できる
• 滞在国の日本大使館、領事館が出す緊急一斉通報や最新渡航情報がメールで届く
• 滞在国で緊急事態が発生した場合、登録した電話番号や滞在先に緊急連絡がくる
• 家族や職場に緊急事態を伝えることができる

 

みんな行っているし大丈夫でしょ?と思いがちですが、ヨーロッパの人気観光地でもテロが起こったことがあります。
言葉も環境も違う場所へ行くので、「もしも」の準備は十分すぎるぐらいしておいて損はないですよ。

自分で選ぶ3つの『旅スタイル』!

選べる旅のスタイルで楽しむ女性

行き先が決まったら次は旅行の手配を始めましょう。海外旅行が初めての場合につまずきやすいのが、この旅の手配です。

旅の手配方法は、大きくわけて以下の3つです。

・全日ガイド付きのパッケージ型ツアー
・自由に楽しめるフリープラン型ツアー
・完全オリジナルプランの個人旅行

 

1.全日ガイド付きのパッケージ型ツアー

このタイプのツアーは飛行機やホテルの手配だけでなく、現地でツアーガイドや添乗員が同行してくれるため、移動手段や食事まで含まれています。

日本国内のバスツアー等と同じような感覚ですね。旅先でのほとんどを旅行会社が手配してくれ、観光地にも案内してくれます。メリットは、初めてでもガイドが付いているので安心できることです。

しかし知らない人たちと一緒の移動となるため、気が合わなく楽しめないというデメリットになる部分もあります。

2.自由に楽しめるフリープラン型ツアー

同じツアーでもこちらは、旅に必要な最低限の手配をしてくれるものです。宿泊場所と航空券、空港からの送迎などはプランに含まれますが、食事や現地での観光は自分たちで手配する必要があります。

最大のメリットは、旅行先での行動が自由に決められるため時間や制約に縛られないことです。しかし食事先を探したり移動手段や現地観光については、自分で探さなければなりません。言葉の壁が超えられないとやや厳しいかもしれません。

3.完全オリジナルプランの個人旅行

個人旅行の最大のメリットは、気の向くまま自由に旅行を設計できることです。予算や予定に合わせて、滞在を延長することも可能ですし手続きをすれば隣の国へ行くこともできます。

旅行先によっては、ツアーより断然お得になる場合もあります。
しかしトラブルに見舞われた場合でも、当然自己責任になりますので注意が必要です。

選べる3つの『航空券』入手方法!

airp1

早割りや格安のように航空券にはたくさんの種類があり、買い方も多様になっています。海外旅行をお得に楽しむには、航空券の代金はとっても重要ポイントです。初めてなら必ずチェックしておきたいところです。

1.正規航空券(ノーマル航空券)

正規な航空券といえばこれ!いわゆる”定価”です。
時期や季節によって料金変動や割引がないため、世界中どこで購入しても金額は統一されています。購入後は、予約や経路の変更、航空会社の変更も可能です。(払い戻し可)
正直言って高いです!!できれば緊急時以外は、他種類の航空券がおすすめです。

2.ZONE PEX航空券(正規割引航空券)

各航空会社それぞれが運賃を決めている、日本発着便のエコノミークラス(一部ビジネスクラス)を利用した正規割引航空券がZONE PEX(ゾーン ペックス)航空券です。

この中にもいくつか種類があり、早い方がお得になる「早割」はAPEX(アペックス)に分類されます。お得なぶん、発売期間や購入期限の制限が設定されているの特徴です。

3.格安航空券

呼び方が似ているので間違えてしまいがちですが「格安航空会社」と「格安航空券」は違います。格安航空券は、旅行代理店(HISなど)がツアー用に独自の価格設定をしたバラ売り航空券です。

シーズンによって正規割引の予約が取れなくても、格安航空券なら取れる場合もあります。ただしデメリットとしキャンセルや便の変更ができない、座席指定ができない(一部OKも有)など、安さを求めるか確実さを求めるかにより、購入する航空券を選びましょう。

その他にも専門用語はたくさんあります。ぜひチェックしてくださいね。

航空券のお勉強!チケットの種類

では、航空券の手配も終わったら、旅支度に入りましょう。まずはパスポートを取得します。

Sponsored Links

『パスポート取得』の具体的方法!

パスポート

これがなければ始まらない!ぐらいに大切な物。海外へ行く時には「この人は公的に認めた日本国民ですよ」という世界で通じる身分証が必要になります。これがパスポート(旅券)です。初めて海外旅行の場合は、行き先が決まったら速やかにパスポートの申請が必要になります。

パスポートはどこで申請するの?

自分が住民登録をしている都道府県(←ここが重要)にあるパスポート窓口で申請します。
申請してから出来上がるまでは、だいたい1週間〜10日。指定の受領日になったら、もう一度パスポート窓口へ行きお金を払い受け取ります。必要な料金は、有効期限年数によって変わります。

− 申請時に持っていくもの −

  • 一般旅券発給申請書(役所またはパスポート窓口にあります)
  • 身分証明書(免許証、保険証など)
  • 戸籍抄本or戸籍謄本
  • 住民票の写し(住民台帳ネットワークで確認できる人は不要)
  • 顔写真(1枚)縦45mm×横35mm
    ※子供の場合は、本人の健康保険証や母子手帳が必要になります。

 

ちなみに・・・
ビザは入国する国が発行する「入国許可証」です。観光目的などの短期滞在の場合ほとんど国で不要となっていますが、学生や就労など長期に渡る滞在が必要な場合は、ビザの手続きが必要になります。

渡航先によってプラス手続きが必要!

▶︎アメリカ

パスポートの取得の他に、ビザなしで入国する人物情報を入国前にチェックするためのシステム「ESTA(エスタ)」を申請する必要があります。これを申請しないと入国することができません

もちろんアメリカ国内で飛行機の乗り継ぎする人も申請が必要になります。
申請自体は搭乗直前までできますが、審査が必要になった場合は3日程かかる場合も。

ESTA公式申請サイト:https://esta.cbp.dhs.gov/esta/
(日本語に変わらない場合は右上から言語の選択をします)

詳しいQ&Aは、米国大使館HP参照。
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-estageneralfaq.html

▶︎オーストラリア

人気観光地のオーストラリアですが、観光目的の短期滞在であってもビザの取得が必要となる国です。そのため簡易電子ビザの「ETAS(イータス)」を登録する必要があります。(ETAS、ETAと両方の表記がありますが、どちらも内容は同じです)

1.オーストラリア政府移民局のWEBサイトから行う。
https://www.eta.immi.gov.au/ETAS3/etas?locale=ja&submit=cancel

2.日本の旅行会社に依頼する。

3.ETAS登録代行業者に依頼する。

ETASの登録はデジタル化で終わりになるため、証明書やスタンプなどは発行されません。航空会社のスタッフがコンピューター上で登録の有無を確認します。

初めての海外旅行もここまでで事前準備が終わります。あれこれ大変そうに思えますが、最初の準備はとても大切です。次の後編では、旅に合わせた航空券の手配から入国審査までをチェックしていきましょう。

また、海外旅行で需要なのが会話ですよね!そんな旅行を楽しくするための簡単英会話の上達方法について「英会話なんて怖くない!初心者でも独学で上達する5つの勉強法」の記事で上達法を紹介していますので、良かったら合わせてご覧ください。

まとめ

海外旅行の事前準備はいかがでしょうか。初めての海外旅行は、わくわくしながらもどこか不安がつきものです。でもそれは当たり前!だって初めてなんですから☆

まずは、より安全で快適な旅にするために、旅行先の治安や感染病等について「外務省 海外安全ホームページ」をチェックします。問題なく楽しめそうなら、旅の手配についてツアーか個人旅行か。どちらにもメリット&デメリットがありますので、よく考えてみましょうね。

出発予定日に航空券の予約が取れなくては元も子もないです。旅の手配をしながら航空券の購入方法も考えましょう。

そしてすべての準備が終わる頃には、いよいよパスポートの取得と旅行先によってはビザの手続きも必要です。ここまで終われば後は出発日になるまで、わくわく準備を整えましょう!でもちょっと不安も・・・。

空港って出発何時間前に行くの?どんな手順で進むの?初めての海外旅行の最大の不安は「空港」かもしれませんね。

→ 空港での手続きは、ぜひ【始めての海外旅行】空港国際線で戸惑わないための6つポイントを読んでチェックしてくださいね。

▼FacebookTwitterをフォローいただくと最新情報をお届けいたします。 ↓ ↓ ↓

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

初めての海外旅行する女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Hotaru

Hotaru

この人が書いた記事

  • ディズニーでのクリスマス混雑回避方法

    ディズニークリスマスで混雑を避ける具体的攻略法5つとは?

  • ダイエット停滞期イライラする女性

    ダイエット停滞期のイライラからあなたを脱出させる5つの方法!

  • この季節のお弁当を食中毒の危険から守る7つの対処法

  • 【初めての海外旅行】空港国際線で戸惑わないための6つポイント

関連記事

  • 通勤電車で自分磨きする女性

    女性3分必読!朝の電車通勤を有効利用して自分磨きをする25の方法

  • ディズニーでのクリスマス混雑回避方法

    ディズニークリスマスで混雑を避ける具体的攻略法5つとは?

  • NO IMAGE

    お肌のトラブルを劇的に美肌に変える効果的睡眠時間の取り方5つ

  • 口臭対策でマスクする人

    私の口臭くさすぎ!?コーヒーを飲むなら気をつけたい口臭対策とは

  • 便秘を解消する方法に悩む女性

    お腹パンパン!便秘のなぜ?3つのハテナと解消方法考えよう

  • 東京ディズニーリゾートのクリスマス

    クリスマスはディズニーへ!混雑を避けるチェックポイント5つ