1. TOP
  2. 【初めての海外旅行】空港国際線で戸惑わないための6つポイント

【初めての海外旅行】空港国際線で戸惑わないための6つポイント

 2016/06/03 お出掛け ライフスタイル
この記事は約 10 分で読めます。

海外旅行出発当日は、空港に到着するまでの道のりでさえワクワクしてしまいますね。一歩空港内に足を踏み入れると、TVでお馴染みの光景が目の前に広がります。しかし初めて国際線の飛行機を利用する人の多くが、空港でアタフタしてしまうことがあるとか。

今回は、空港到着から日本出国・旅先での入国まで順を追って説明していきます。ここさえ突破できれば後は楽しいバケーションを満喫できます!それぞれの項目をぜひ参考にしてくださいね。

⇒空港までの「旅の事前準備」については【初めての海外旅行】旅先で危険な目に合わないための準備4つをご覧ください。

Sponsored Links

初めての海外旅行!国際線の出国から入国するまで!

空港内

空港に到着してからまず何をするべきか?海外での入国ってどうやるの?考えてみると疑問がたくさんありますね。
初めてでも迷わない日本からの出国・旅先での入国まで、流れを追ってみましょう。

1.選べる4つの搭乗手続き方法(チェックイン)
2.手荷物カウンター4つの注意点
3.保安検査のやり方(セキュリティチェック)
4.税関申告・出国審査のやり方
*搭乗口へ集まる→ →快適な空の旅を♪
5.到着・入国審査の方法
6.預け入れ荷物の受け取りと税関手続きの方法
*到着ロビーへ→Have nice vacation♪

 

文字にしてみると難しそうな手続きが多くて、なんだか不安になってしまいます。しかし事前にチェックしておけば、何事もなくあっという間に通過できますので安心してくださいね。

選べる4つの搭乗手続き方法(チェックイン)!

robi2

空港に到着したら早速搭乗手続きへ向かいましょう。出発の1時間半~2時間前に到着しておくと余裕を持って移動できます。
長期休暇時には、海外旅行へ行く人も普段の倍以上になります。初めてで分からない時は、みんなが向かっている方でなく係員に聞きながら進むことも大切です。

4つの搭乗手続き(チェックイン)とは?

空港にはいくつかの航空会社があります。予約している航空会社のカウンターまたは近くにある自動チェックイン機で搭乗手続きをしましょう。

1.チェックインに必要な物

  • パスポート 
  • 航空券(またはeチケット控え) 
  • (カード決済の場合)クレジットカード

2.航空会社カウンターでチェックイン

カウンターでパスポートと航空券を提示します。手続きが終わったら、搭乗券(ボーディングパス)を受け取ります。※同時に手荷物預かりの受付を行う場合もあり。

3.空港での自動チェックイン

各航空会社専用の自動チェックイン機で搭乗手続きをします。手続き終了後に搭乗券が発券されます(一部発券されないチェックイン方法もあります)

4.PC・スマホ等でオンラインチェックイン

事前にPCやモバイル端末にて航空券の予約、購入、座席指定を済ませておきます。

当日は、航空会社HPにアクセスし、操作方法に従ってチェックインします。チェックインが完了しているため、空港に到着後はそのまま保安検査場へ行きます。(航空会社により方法が異なります)

搭乗手続きが完了したら、機内へ持ち込めない荷物を預けます。

手荷物カウンター4つの注意点!

空港の荷物受付

搭乗手続きが終わり、機内に持ち込めない荷物がある場合は、手荷物カウンターへ進みます。荷物を預けると「クレームタグ(手荷物引替証)」が付けられて、その半券を受け取り大切に保管します。

手荷物として機内へ持ち込めない物手荷物カウンターに無料で預けられる個数と大きさそもそも航空機に持ち込めない物など規定が厳しく決まっていますので、事前にチェックしましょう。ここではJALを例に説明していきます。

1.預け入れ荷物の制限

個数:2個
♦1個あたりの重量:23kg/個
♦3辺(縦・横・高さ)の和:203cm以内(キャスターと持ち手を含む)
※許容を超えてしまうと超過料金として5,000円~20,000円程度の支払いが必要。

JAL無料手荷物許容量:https://www.jal.co.jp/inter/baggage/inflight/#anchorlink002

2.機内へ持ち込める手荷物

機内の席まで持っていくことができる荷物の大きさです。
個数:一人1個まで
♦3辺(縦・横・高さ)の和:115cm(45インチ)以内
♦サイズ:W55cm×H40cm×D25cm(W22インチ×H16インチ×D10インチ)以内
♦合計重量:10kg(22ポンド)以内

3.機内への持ち込める品目

機内の席まで持っていくことができる品目も細かく規定がありますが、一番厄介なのは液体類です。液体物(ジェル・ハンドクリーム含む)を機内へ持ち込む場合は「100ml以下の容器に、すべての容器を、ジッパー付き透明プラスチック袋に入れる(縦横合計40㎝以下の袋・1人1袋のみ)

席まで持ち込める荷物の制限 預けるか・持ち込むか悩む前にチェック
参考:絵でわか~るはじめての海外旅行

4.航空機へ持ち込むことができない品目

危険物(オイル類や木炭、カセットボンベのガス、殺虫剤等)
♦ナイフやハサミ等

*刃物の持ち込みは、法律違反であり罰金の対象になります。

JAL機内持ち込み制限品目

想像以上に細かい規制がありますので、荷物を詰め込む前に必ずチェックが必要ですよ。
終わったら、保安検査まで空港の中でゆっくり過ごしましょう。

保安検査(セキュリティチェック)のやり方!

一息ついて出発時刻の1時間前を目安にゲートをくぐる「保安検査」へ進みましょう。自身は「金属探知機のゲート」、手荷物は「X線検査機」を通ることになります。搭乗券とパスポートを忘れずに。

セキュリティゲートはこうやって通る!

1.手荷物を用意されたトレイに入れます。(PC・タブレット・カメラ等の電子機器は、バッグから出して別のトレイに入れます)
2.事前に透明袋に入れた液体物もトレイに入れます。
(飲料ペットボトルも例外なく、透明袋以外の液体物を持ち込むことはできません)
3.身に付けている金属(財布・鍵・ネックレス等など)をトレイに入れます。
4.ゲートを通過します。(ブーっと鳴ったら再検査!)
5.荷物がベルトコンベアーで流れてきます。トレイを受け取って検査終了です。

保安検査の流れと注意点

リンク先:Security Guide

税関申告と出国審査のやり方!

syukkoku1

ここを抜ければ、日本であっても外国です。現地に到着していないのに、初めての海外旅行はここから始まっています。空港内の免税店もここを抜ければ出現しますよ。

▶︎税関申告は何を申告するの?

外国製品(時計やバッグ等)を持って出国する場合は「外国製品の持ち出し届け」を記入します。これは、渡航先で購入したおみやげ(課税品)と区別するための手続きです。承認印の用紙は、帰国時に必要になります。大切に保管しましょう。
これらの申告が必要ない場合は、通過して出国審査へ進みます。

▶︎出国審査

出国審査カウンターへ進み「パスポート」と「搭乗券」を渡します。質問された場合でも、ドキドキしなくて大丈夫です。素直に答えましょう。パスポートに出国スタンプが押され搭乗券と一緒に返却されます。

出国審査が終わると、空港内であっても外国です。免税店で買い物することもできますし、カフェなどでゆっくりすることもできます。

注意ポイント
空港内を満喫する前に、電光掲示板で搭乗口や出発時刻に変更がないか確認しましょう。知らない間に時間が変更になっていることも。そしてどんなに遅くても出発の20分前には搭乗口の近くへ集まります。航空会社によっては、搭乗口までかなり歩くことになる場合も。

時間になったら搭乗開始!!

利用する便の搭乗開始アナウンスが流れたら、搭乗券を用意して列に並びます。この時、優先順があるので、自分の順番が来るまで待ちましょう。
機内へ進み快適な空の旅を楽しみましょう☆

<機内で便利なグッズをご紹介>

マスク(乾燥防止)、ボールペン、歯ブラシorマウスウォッシュ、飴(乾燥・耳鳴り防止)orガム、折りたたみ簡易スリッパ、ウエットティッシュ、小腹対策のお菓子。

※ガムは持込禁止国があります。また、お菓子の成分等によって持込禁止国がありますので事前にチェックしましょう。

Sponsored Links

入国審査の方法!

nyuukoku1

初めて海外旅行者の多くが、最大な難関と感じるらしいのが入国審査です。質問されても言語が分からないと答えられない!という憂鬱さもありますが、聞かれるのは「滞在目的や滞在期間」程度です。

▶︎入国審査のながれ

1.「Non-Resident(非居住者)」または「Visitor(観光客)」の列に並びます
2.パスポートと入国カードを提示します
3.滞在目的などを英語で質問されます
4.パスポートにスタンプが押され返されます

入国審査Q&Aの参考
リンク先:UNIVERSITY CO-OP TOURISM

稀に日本語で質問してくれる入国審査官もいます(笑)。次は預けた荷物を受け取るターンテーブルへ進みます。

荷物受け取りと税関手続きの方法!

tenimotu1

残るは荷物の受け取りと税関手続きです。初めての緊張感もここが終われば、だいぶ気が楽になるかもしれませんね。海外旅行を楽しむまであと少しです。

▶︎預けた荷物を受け取る

自分が乗ってきた飛行機のフライトナンバー書かれたターンテーブルへ進みます。自分の荷物が流れてきたら受け取りましょう。
※もしも荷物が流れてこない場合は、搭乗手続きの際に渡されたクレームタグ(手荷物引替証)を係員に見せ確認しましょう。

▶︎税関手続きを受ける

荷物を受け取った後は税関へ進みます。特別な申告がない場合は「申告品なし(nothing to declare)」のカウンターに並び税関申告書を提出します。

これでようやく入国が許可されました!お疲れさまです♪到着ロビーへ進みましょう。

JAL空港情報

追記
検疫(Quarantine)が必要な国や必要と判断された場合は、所定の手続きをします。
動植物検疫(Quarantine (Animals And Plants))

※肉、卵、果物、野菜、乳製品は、お土産として出国時に記入し申告していない限り、持ち込むことはできません。

以上が、初めて海外旅行に出かける際に必要な国際線の出入国情報でしたが、⇒海外旅行で需要となるのが会話ですよね!そんな旅行を楽しくするための簡単英会話情報~について「英会話なんて怖くない!初心者でも独学で上達する5つの勉強法」の記事で詳しく説明していますので、良かったら合わせてご覧ください。

また、海外旅行もいいですが、国内旅行として人気が高い場所といえば京都ですね。そんな京都を旅する際に着物を着て京都を感じる旅もいいんじゃないでしょうか!

そんな京都の着物旅については「着物で古都歩き!そんな女子におすすめ髪型アレンジ5選ロング編」の記事でその楽しさに触れていますので、良かったら合わせてご覧ください。

まとめ

出国から入国までの流れは、いかがだったでしょうか。
電子技術が進んだため、搭乗手続きも慣れればとてもスムーズに行うことができます。日本からの出国で一番手間がかかるのが、やはり荷物です。

機内への持ち込み規制が厳しくなってから、細かな分類や荷物の量の制限など、うっかり見逃してしまうと空港で荷物の出し入れや超過料金を払う事態になってしまいます。無駄な物は持ち込まず、現地で購入することもできますので、最小限の荷物で行きましょう。

保安検査でうっかりしてしまうのが、電子機器をバッグに入れてX線を通してしまうことです。使用不能になってしまう場合もありますので要注意です。

時間に余裕を持ちつつ搭乗して、機内でゆっくり過ごしましょう。渡航国に着いたら、ちょっと試練の入国審査を英語で受け答えですが、分からなければ聞き直しゆっくり答えれば大丈夫です。荷物を受け取りあと少し!

税関を通過すれば、晴れて入国です。楽しい旅の時間を過ごしましょう。
初めての海外旅行というだけで緊張してしまいがちですが、はっきり言って慣れです。帰りは行きより気楽に受け答えできるものです。

⇒空港までの「旅の事前準備」については【初めての海外旅行】旅先で危険な目に合わないための準備4つをご覧ください。

▼FacebookTwitterをフォローいただくと最新情報をお届けいたします。 ↓ ↓ ↓

\ SNSでシェアしよう! /

女性美向上委員会の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性美向上委員会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Hotaru

Hotaru

この人が書いた記事  記事一覧

  • ディズニークリスマスで混雑を避ける具体的攻略法5つとは?

  • ダイエット停滞期のイライラからあなたを脱出させる5つの方法!

  • この季節のお弁当を食中毒の危険から守る7つの対処法

  • 【初めての海外旅行】空港国際線で戸惑わないための6つポイント

関連記事

  • 芥川賞作家・又吉直樹が秋の夜長におすすめするベスト本21冊

  • 仕送りなしでも生きていける!?大学生の一人暮らし事情まとめ

  • ディズニークリスマスで混雑を避ける具体的攻略法5つとは?

  • 早春の千葉・南房総はフラワーバラダイス!花摘みスポット5選

  • インテリア選びのコツ!おしゃれなお部屋に大変身させる5つ方法

  • 自律神経をバランスよく整えるツボ5選と乱れやすい人の特徴とは?