1. TOP
  2. 朝の食卓を彩る具だくさん味噌汁の簡単な作り方レシピ10選

朝の食卓を彩る具だくさん味噌汁の簡単な作り方レシピ10選

2015/01/14 グルメ・レシピ 健康・食事
この記事は約 6 分で読めます。
簡単に作れる味噌汁レシピ
Pocket

日本人は、昔から伝統的な料理として「味噌汁」を食べており伝統的な定番料理として定着。また健康によい成分が豊富で野菜・海草などたっぷりのヘルシーな和食としても根強い人気です。そんな「味噌汁」の簡単な作り方10選をご紹介いたします。

最近では、海外セレブにも注目されている「みそ汁」は栄養バランスもよく、おかずも兼ねる汁ものとしては最高の和食代表と言えます。では、この味噌汁ですが何時から食べられてきたのかを調べて見たのでご紹介いたしましょう。

味噌汁が簡単に作れるようになった歴史から見ると?

みそ汁の呼び名を調べて見ると面白い結果がでている。東京近郊では「おみおつけ」京都では「おみいのおしい」。近畿・北海道では「おつゆ」。また鍋物に変化すると「豚汁」「三平汁」と変化している。

味噌汁が庶民の食卓に登場したのは室町時代の頃と言われている。元々は農家などで食べられていたものが、時期が経つにつれ普及し、やがて日本人の朝の定番食となったと言われています。
では、早速「味噌汁」の簡単な作り方10選をご紹介いたしましょう!

朝の食卓を彩る具だくさん味噌汁の簡単な作り方レシピ10選

①ごま入り冷え予防みそ汁

miso-soup-1
出典 写真:All About

カラダを温める効果の高い冬野菜と言われる「人参」「大根」「ごぼう」「さつまいも」「ジャガイモ」など通称根ものと言われる野菜と「かぼちゃ」が食材となっています。

野菜にはビタミンEやビタミンCが含まれており冷え症を軽くする効果もあり、この季節には最高の「味噌汁」と言えます。さらに最後にプラスする白ネギがまた、保温効果をもたらします。
出典: 冷え性予防レシピ 具沢山みそ汁とみそ雑炊 [食と健康]

②野菜と豆腐のピリ辛味噌汁

miso-soup-2
出典 写真:All About

肉・チンゲン菜や豆腐などの具材がたくさん入っているので、お腹が一杯になるおかずも兼ねた味噌汁です。

またこのレシピには、通常の味噌汁に中華の定番調味料である「豆板醤」を使いますので、からだポカポカより一層体が温まりますよ!
出典: 身体が芯からポカポカ、リ辛・豆腐の味噌汁 [簡単一汁三菜レシピ]

③お吸い物仕立てのけんちん汁

miso-soup-3
出典 写真:All About

冬に美味しい根菜類を中心に具材を準備した、寒い冬には最高のお吸い物仕立てのけんちん汁です。

温かい内に召し上げるのもいいですが、味がしみ込んだ翌日も美味しさが3倍増くらいになっていますよ。
出典: 基本のけんちん汁の作り方 [単一汁三菜レシピ]

④レンコンとミョウガのみそ汁

miso-soup-4
出典 写真:All About

冬になればより旨みを増す免疫力最高のレンコンと香り野菜のみょうががバランスよいこれからのシーズンに最高の一杯の味噌汁です。
出典: れんこんと秋ミョウガの豚汁 [シンプル和食レシピ]

⑤菜の花たっぷり溶き卵の味噌汁

miso-soup-5
出典 写真:All About

今からが旬の春らしい汁物として菜の花を使った味噌汁のご紹介です。卵と合わせて彩りもよく春らしい贅沢な味噌汁です。最後にいれる溶き卵が最高です。
出典: 菜の花と溶きのお味噌汁 [シンプル和食レシピ]

⑥揚げナスと木綿豆腐の味噌汁

miso-soup-6
出典 写真:All About

なすを味噌汁に使うためには、一度、相性が良い油で揚げて具材として使うと美味しさが倍増しますよ。また木綿豆腐も油で揚げてオリジナルの厚揚げを作って使いました。
出典: げなす豆腐の味噌汁 [シンプル和食レシピ]

⑦えびとホタテの海鮮洋風味噌汁

miso-soup-7
出典 写真:All About

えび、ホタテ、たまねぎを入れた洋風味噌汁です。アスパラガスを入れて彩りも鮮やかで最高。最後のバターを入れるのがポイントのようです。
出典: えびとホタテのうまみたっぷり 海洋風味噌汁 [バランス献立レシピ]

⑧すいとん入り林檎のみそ汁

miso-soup-8
出典 写真:All About

非常に珍しいお味噌汁です。なんとリンゴを具材に使いモチモチのすいとんと豚肉を入れた冬限定の味噌汁と言えます。リンゴの甘味が最高の味噌汁です。腹持ちも非常によいです。
出典: ダシ不要!りんごのみそ汁すいん [毎日のお助けレシピ]

⑨ゴーヤたっぷりの味噌汁

miso-soup-9
出典 写真:All About

ゴーヤはビタミンCが豊富な具材で、定番は「ゴーヤチャンプルー」ですが、今回はおみそ汁に入れてみました。簡単で栄養化の高い食材なので、偏りがちな一人暮らしの方には最高の一品です。
出典: 朝ご飯に飲みたい、ゴーヤの味噌汁 [簡単一汁三菜レシピ]

⑩ブリと野菜の粕汁

miso-soup-10
出典 写真:All About

酒粕は胃粘膜を保護し胃腸の働きをサポートしてくれる発酵食品です。特に寒いこの冬に最高の粕汁を飲むと体がポカポカで心も温かくなります。また、冬の食品であるブリを入れたあったか味噌汁です。
出典: 体が温まるブリの粕汁 [バランス献立レシピ]

以上、代表的な味噌汁10選をご紹介しました。

この記事を読んだ方に関連の人気情報をご紹介します。

⇒今、食事系ダイエットで話題となっていのが、モデルや芸能人が痩せたとインスタに投稿したことで火がついたダイエット法があります。詳しい情報はここから!↓↓↓

関連情報:10人中9人が効果を実感!飲むだけで痩せる青汁ダイエットが凄いワケ

関連情報:発見!ウワサの食卓でチアシードを使ったダイエットレシピが今話題

関連情報:夏バテ解消!食欲が改善する簡単スタミナレシピ4選|疲労回復度UP

まとめ

いかがでしたでしょうか?以上が「朝の食卓を彩る具だくさん味噌汁の簡単な作り方レシピ10選!」でした。

味噌汁は、全国の各家庭で食べられており、家庭の味が今や朝の定番メニューとなっています。登場したのは、どうも室町時代の頃と言われています。当時の農家の食べ物が一般庶民に広がったことで、いまわれわれも口にしているという事です。

ビタミン豊富な野菜や免疫力まで高めてくれるミョウガなど多くの具材を入れて作られる一杯の味噌汁は、本当におかずなのかもしれませんね!

また、室町時代はどんな具材が入っていたのでしょうか?なんて想像して見るのもロマンかも?では、あなたも早速、一つ作ってみませんか?きっと体も心の温まると思いますよ♡

では、最後に「はるな」オススメするサイトの紹介です。このサイトには、日本最大の料理レシピサイト「クックパッド」での料理レシピを30個ご紹介しています。

詳しくは、ここからご覧ください↓↓

▼FacebookやTwitterをフォローいただくと最新情報をお届けいたします。
↓ ↓ ↓

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

簡単に作れる味噌汁レシピ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

syuuka

syuuka

・得意分野:メイク・コスメ、料理、インテリア関連など
・資格:栄養管理士・動物病院看護師

この人が書いた記事

  • ピーリングを自宅で簡単にできる方法

    ピーリングで肌荒れニキビ綺麗に治る!自宅で簡単7つの方法

  • 40台からのメイクの仕方

    乾燥肌のかゆみ対策!自宅で簡単に治す7つのお手入方法とは?

  • ほうれい線を消す方法を学ぶ女性

    ほうれい線を簡単に消す5歳若返る5つの方法!AKB大島優子も実践

  • ほうれい線たるみ解消お口体操!若さを取り戻す3つの効果的方法

関連記事

  • 顔コリほぐし体操で小顔を目指す女性

    顔コリほぐし効果を私も実感!その3つの小顔・顔痩せ方法とは?

  • “初めてヨガ”でも失敗しない!おすすめウェア&5つのポイント

  • 肌荒れ・乾燥肌の原因を改善

    肌荒れの原因を知ることで!乾燥肌も劇的に治す5つの生活改善方法

  • アンチエイジングの人気化粧品

    あなたのアンチエイジングは大丈夫?人気化粧品3つの誤解!

  • 40台からのメイクの仕方

    乾燥肌のかゆみ対策!自宅で簡単に治す7つのお手入方法とは?

  • おでこのしわの原因と解消テクニック

    おでこのしわを消す5つの方法と原因究明でもう老け顔とは言わせない!