1. TOP
  2. お肌のトラブルを劇的に美肌に変える効果的睡眠時間の取り方5つ

お肌のトラブルを劇的に美肌に変える効果的睡眠時間の取り方5つ

 2015/10/03 アンチエイジング スキンケア ライフスタイル
この記事は約 6 分で読めます。

あまりよく眠れない、もしくはたくさん寝ているのに疲れがとれない、そんなあなたに必見です。美肌になりたくて色んなスキンケアを試している人も多いかと思いますが、良質な睡眠をとることで美肌効果もあるんですよ。

肌の美しさは、心と体の健康に大きく左右されます。私も睡眠不足だとお肌は荒れますし、身体の疲れがとれないと顔も疲れた顔になってしまいます。そんな時はスキンケアだけではなかなか改善されないので、睡眠に一番気を付けています。みなさんも良質な睡眠をとって、健康的な美肌を手に入れましょう。

Sponsored Links

1.美肌効果のある良質な睡眠時間とは

美肌効果のある睡眠で目覚めた女性

良質の睡眠というのは、身体と脳がゆっくりと休んで回復する深い睡眠のことです。睡眠で回復することにより、1日頭もクリアに元気に過ごせるだけでなく、美肌にも驚くほど効果があるんです。逆に睡眠の質が悪いと、健康にも美肌にも障害が出てきますが、下記のような人は良質の睡眠がとれているので問題ありません。

・目覚めはすっきりとしていて、肉体的にも精神的にも疲労感がない。

・起床4時間後に眠気がなく頭がさえている。

・寝つきが悪かったり睡眠中何度も目が覚めるようなことがない。

以上、あなたの睡眠は問題なかったでしょうか?えっ?問題ありでしたか。そんな貴方には、以下からの効果的睡眠で美肌を手に入れらる5ヶ条をお読みくださいね。

2.美肌効果のある良質の睡眠をとるための方法5つ

美肌効果のある睡眠をとる方法

良質な睡眠は「最高の美容液」です。肌荒れもこの睡眠にかかわってきますし、お肌のハリや弾力を司るコラーゲンの生成にも効果があるんです。美肌のために毎日良質の睡眠を目指しましょうね。では早速、5ヶ条をご紹介していきましょう。

1. 夕方17時以降の仮眠を取らないこと!

良質な睡眠を得るには、朝起きてから11時間後に仮眠を取らないことが大事です。

起床から11時間後以降に仮眠を取ってしまうと、「睡眠」に対する欲求が落ち着いてしまい、いざ朝まで眠るときの睡眠の質が下がってしますんですね。なので夕食後など眠たくなりますが、ここは我慢して睡眠欲を溜めておきましょうね。

睡眠欲が高まれば、ぐっすりと気持ちのいい眠りにつくことができますよ。

2. 布団に入る1時間前には脳と体をリラックスさせましょう!

美肌効果のある睡眠をとるためリラックスする女性

質の良い睡眠を取るには、就寝1時間前までに脳と体をリラックスさせまししょう。

脳や体を興奮させたり刺激を与えてしまうと、脳と体の興奮が収まらずなかなか眠りに入れません。すると、やはり睡眠の質が著しく低下してしまうんです。

睡眠は、副交感神経(リラックス状態の神経)が優位な状態なので、眠る前がリラックスした状態である方が自然と深い眠りに落ちることが出来ます。

脳と体をリラックス状態にするには次の4つがおすすめ!

・ぬるま湯につかりましょう。

・軽いストレッチを行いましょう。

・スマホやゲームなどを控えましょう。

・カフェインの摂取を控えましょう。

Sponsored Links

3. 眠りにつく環境を整えることも大事!

眠る環境を整えるために、寝る場所には寝ることとは関係ないものを置かないようにしましょう。「眠りますよ」と脳にサインを送るためにも意外と寝る周りの環境も大切なんです。

また、眠るときは電気を消しましょう。「メラトニン」と呼ばれる、眠りを誘う「睡眠ホルモン」は光に弱く、目から光を浴びると効果が薄れてしまうのです。

この「メラトニン」は肌老化を防ぐ抗酸化機能に優れているので、美肌効果もあるのに、光で効果が失われてしまうともったいないですよね。

それでも電気がないと眠れない方は、足元に優しい間接照明などを置くようにして、目から光を浴びないようにしましょう。

4. 最低6時間は睡眠をとりましょう!

美肌効果のある睡眠をとるため6時間寝る女性

睡眠の質を高めるためにはある程度の睡眠時間が必要です。目安としては、パフォーマンスの向上(記憶の整理など)美肌(肌の代謝促進)ダイエット(脂肪の燃焼)の効果を得るためには、18歳~成人で6時間~8時間の睡眠時間が必要と言われています。

もちろん人によって個人差がありますので、自分が起きた時に気持ちよく目覚める事ができ、その後のパフォーマンスにも支障がないかで判断してみてくださいね。

5. 本当の肌へのゴールデンタイムは睡眠後3時間

「肌のゴールデンタイムは22時~2時の間」とはよく聞きますよね。でもそれには実は根拠がないって知ってました?睡眠は眠りにつく時間ではなく、その質が重要なんですね。

睡眠直後から3時間の間は「成長ホルモン」と呼ばれる細胞の再生と修復を行うホルモンが最も活発に動くので、この3時間でしっかりと熟睡できていれば基本的に何時に寝ても良い睡眠がとれるので、美肌効果があるんです。

とはいっても、人間には体内時計があるので、日の光を浴びて目覚め、暗くなったら眠る、といったサイクルで眠る方が、体内のリズムが整いやすく、良い睡眠がとれるのでは、と思っています。

この記事を読んだ方は、以下の人気情報も読まれています。

⇒驚愕です!なかなか治らなかったニキビ跡がたった10秒で消せる美容液があるんです!その美容情報はここから↓↓↓

人気情報♥大人のニキビ跡が治ると話題の化粧水|なんと98%が効果のスゴさを実感

人気情報♥ほうれい線たるみ解消お口体操!若さを取り戻す3つの効果的方法と

人気情報♥【完全保存版】電車通勤を有効活用していい女になるための方法20個

まとめ

いかがでしたか。睡眠はこんなに美肌に関わってくるんです。仮眠の時間に注意し、寝る前は環境を整えてリラックスし、睡眠時間や睡眠直後のゴールデンタイムを意識しながら、良質の睡眠をとるようにしてくださいね。

肌の美しさは、心と体の健康に大きく左右されます。私も睡眠不足だとお肌は荒れますし、身体の疲れがとれないと顔も疲れた顔になってしまいます。そんな時はスキンケアだけではなかなか改善されないので睡眠に一番気を付けています。

睡眠は、自分でできる最高のスキンケアです。あなたも今回ご紹介の睡眠に気を付けて、心も体も健康で美肌を手に入れてくださいね。

▼FacebookやTwitterをフォローいただくと最新情報をお届けいたします。
↓ ↓ ↓

\ SNSでシェアしよう! /

女性美向上委員会の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性美向上委員会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Mizuiro

Mizuiro

・得意分野:ダイエット関連

この人が書いた記事  記事一覧

  • 私が1週間で3kg痩せた!話題のチアシードダイエット5つのやり方

  • 心の込もったクリスマスメッセージ届けたいならこの英語例文30がおすすめ

  • 編み物で手編み帽子を作ろう!初心者でも簡単ニット帽の編み方5選

  • 酒粕パックがスゴイ!3つの嬉しい美肌効果作り方とその使い方

関連記事

  • プロ伝授!春のおすすめナチュラルメイクはブラウン系アイシャドウ

  • 簡単足痩せ!リンパマッサージで足のむくみを解消5つの方法

  • ヨガは痩身ダイエットじゃない!!正しいヨガを知る5つの効果

  • お腹パンパン!便秘のなぜ?3つのハテナと解消方法考えよう

  • 大学生の一人暮らしの平均家賃は?事前に準備すべきことまとめ

  • 【完全保存版】電車通勤を有効活用していい女になるための方法20個